ここのところ。

ここの所、ずっと落語を聞きながら仕事をしている。

少し前に立川談春著「赤めだか」を読んでから なんだか落語の気分。

その話を友人にすると、友人は談志信者といったような人。

すぐさま数冊もってきてくれた。

20代中ごろ、小三治師匠の「まくら」にはまりホールでの独演会に何度か聴きにいって

から、小三治の隠れファンとして暮らしてきたのですが、

10年前、神楽坂に越してきて、住所が矢来町。

まあ、それは縁というもの、志ん朝さんも聞くようになり。

で、ここ数日の話。

まだ、談春さんは聴いていない、志らくさんももちろん。

読み物としての家元は楽しめた。これから、何を聴いていこうかな。

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM